第1回お店紹介 SHOT BAR Willy’s(柏店)さん―柏の秘密基地バー― 前編

皆さんこんにちは、吞もかな通信運営部です! 今回の吞もかな通信は、吞もかなに掲載して頂いているSHOT BAR Willy’s(柏店)さんにお邪魔し、マスター福嶋さんにインタビューさせて頂きました。SHOT BAR Willy’sさんや、福嶋さんご自身について色々教えて頂きました! 前編となる今回は、お店にフォーカスを当ててご案内していきます。

Interview

柏駅の東口を出て、大通りを一本外れた道を行き、SHOT BAR Willy’sの扉を開くとそこにはファンキーでカオスな空間が広がっています。

ウーロンハイ屋だと言っても過言ではない

初めに自己紹介とwilly’sの特徴を教えてください。

SHOT BAR Willy’sの店長の福嶋です。店長と言えども、雇われ店長ですが、、、(笑)。サラリーマンです。

カラオケがついているところですね。SHOT BARと謳ってはいるものの、カクテル、ワインも用意があります。ウーロンハイ、緑茶ハイ、ハイボール等を飲まれる方が多いです。もちろん、ウィスキーをショットで飲んだり、ロックで飲まれる方も。

デートに使う方はあまりいないですね。ショーパブに近いかもしれない。バーだと思ってくると、少しイメージと違うかもしれないです。

Willy’sに来たらこれだけは飲んで欲しいお酒はありますか?

ウーロンハイです。実は、ウーロン茶をお店で煮出していて、オーナーが始めたずっと昔からあるんです。桃と杏子の茶葉をブレンドしたウーロン茶で、毎日10Lくらい煮だしてます。ウーロンハイ屋だと言っても過言ではないです(笑)。それくらい、皆さんウーロンハイを頼まれますね。

あえて空気を読んだりしながら呑むおもしろさ

willy’sはどんなお客様が多いですか。

お客様は、同業者の方が多いです。仕事を終えたバーデンダーとか、キャバクラのお姉さんとか来ることが多いお店です。一軒目で来る人が少なくて、二軒目、三軒目で来る方が多いです。

柏は面白いことに個人店のバーが結構多くて、バーホッパーが多い。バーホッパーとはバーを梯子する人で、ご飯を食べに行くというよりは、誰かに会いに行く感じかな。お酒はあくまでツールであって、あそこ行けばあの人いるかなとか、常連さんが面白いからとかで来てくれます。

柏は、まっすぐ家に帰らない寂しがり屋が多い街ですね。派閥がなく、お客様の取り合いがなく、共有しているイメージがあります。うちに関してだけかもしれないけどね。お店のスタッフさんが飲みに来るので、ほぼ同業者の方ばっかり。横の繋がりが得やすいお店だと思います。数珠つなぎで色んなお店に行きたい方は、来ていただけると新たな面白いお店の発見になるかもしれません。

実は、バーはトラブルも多かったりします。お客様によっては、途中で帰ってもらうこともありますし、空気が読めないお客様には、注意することもしばしば。そういう意味では、お客様に厳しいバーかもしれないです。俺のエゴかもしれないけど、本来なら気にしないで飲んでも構わないが、空気読んだりしながら飲む方が面白いと思っています。雰囲気を読んで、その場に合わせて飲む。店内が大人しい雰囲気なら、その雰囲気に合わせて飲んでくれるといいかな。

一方で、台風の目のようなお客様がいらっしゃると、その後に生まれる一体感もあります。お客様によってフレンドリーにもなるが、それが合わない方には合わない。でも、willy’sに合ったお客様が来てくれればいいと思ってます。ボストンクーラーを注文されて、作り方が分からず検索して作ることもあります(笑)。そんなノリが好きな方はぜひ。でも、そんなカオスな空間が楽しいと思っています。

ストレス発散と、会話と雰囲気、ちょっとばかり現実を忘れる、軽い非日常

willy’sの魅力はなんでしょか。

特徴同様にカラオケがあることですね。歌うんですよ、僕が。僕自身が、カラオケが好きなんですよ。あと、ハモるのが好きなお客さんが多いです。「この曲、ハモれますか?」「これなら、ハモれますよ」というコミュニケーションが多いです。お客様同士でハモッたり、初対面同士のお客様が仲良くなるツールとしてカラオケがあるような気がします。

Willy’sの変な文化なんだけど、「あれ歌ってくださいよ~」が多いね。お決まりの十八番を披露し合ったり、篠原涼子や、マイケルジャクソンのモノマネをしてくれる方も。ネタを披露する場としても使って頂いているように思います。

皆、芸達者だから、そういう意味では曲を入れにくいって人もいますね(笑)。勿論、会話もありますけどね。中森明菜のDESIRに皆で同じ「な~んてね、は~どっこい」の合いの手を入れて、揃った時の一体感を見た時にゾーンに入る不思議な感じがします。それをカウンターの中から見るのは痛快で、これが日常生活で味わえるとなると楽しくて仕方ないですね。

寂しがり屋は、家と会社の往復だけではつまらない。ストレス発散と、会話と雰囲気、ちょっとばかり現実を忘れる、軽い非日常が売りですね。普通では得られない刺激と、非日常のスパイスが手に入る場でありたいですね。

飲みにいったら、最後に寄って帰ろうと思ってもらえるようなバー

こだわりを教えてください。

バーテンダーの恰好をしているのは、実は形から入るのが好きで、2,5次元が好きだからです。子どもの頃、科学者になりたくて、白衣を誕生日にお母さんにねだったんですよね。お母さんが薬局からもらって来てくれて。良く見たら白衣は丈が短くて「これじゃない」と思ったよね。ザ・定番で、べたな物が好きだから、女子高生だったら、食パンくわえて走ってると思う。アイテムとか、それっぽい雰囲気が好きでね。

バーとは謳っているが、どこか秘密基地ではないが、自分が理想とする空間にしてます。店内の備品も、オーナーと僕のもので飾ってます。

普段使いというのを一番重要視しているので、基本的にイベントは行いません。マンネリではないが、習慣にしてもらう。バーは、本来なくてもいいもの。だが、お客様の生活の中に食い込める。居間にいる感覚になってもらいたい。飲みにいったら、最後に寄って帰ろうと思ってもらえるようなバーだといいなと思います。

まとめ

今回は、マスターの福嶋さんにSHOT BAR Willy’sについて色々教えて頂きました。福嶋さんご自身のこだわりもお店に反映されていて、備品一つ一つにも凝っていることが分かりました。お話の中で、「不自由さを売る方がいい」という言葉がありました。不自由であるからこそ生まれる楽しさを楽しめるバーなのだと思います。マスターの美学に共感できる方は、是非一度訪れてみてください!

インタビュー後に、せっかくなのでウーロンハイを頂いて帰りました! フルーティーな桃と杏子の香りがしてとても美味しかったです。フレーバーティーのウーロン茶バージョンという感じでしょうか。福嶋さんも仰っていましたが、食事にも合いそうな味でした。

一人でお店に行っても、マスターと常連のお客様が話しかけてくださるので、とても楽しかったです。お客様も、福嶋さんとの会話を楽しみに来ているのが見ていて分かりました。個人的にも、また是非伺いたいと思います! 後編は、マスターの福嶋さんに焦点を当ててご案内していきます。是非、お楽しみに!!

関連記事

  1. 第1回お店紹介 SHOT BAR Willy’s(柏店)さん―柏の秘密基地バー― 後編

呑もかな通信一覧へ